私の恋愛妄想は常日頃から考えています

身はの間学2年生だ。身には好きな人間がいる。彼は野球部のピッチャーで学校もでき、母親の憧れでした。部活が始まると黄色いエールがいつも飛んでいる。私の本質は側と比べると物悲しいサイドだ。書籍がよむのが好きでいつも書房にいて、書房からいつも範囲を見て陰ながら彼をいつも応援している。彼を好きになった引き金は、ある日チャレンジの手前で友達と勉強していたら帰路真夜中なり、はじめ人間で物悲しい夜道を帰っていました。するとガラの悪賢い3人間分隊の男性が話かけてきました。身はおどおどとして怖くて逃げようとしたら上腕をつかまれてハッとしました。男性陣はニヤニヤしています。すると男性の腕がサッと振りほどけました。ぱっと見上げると部活帰りの彼でした。彼は「オジサンたち暇なの?自分たち今からデートだから邪魔しないで」といいました。3人間分隊の男性は「何だ男性いたのか」と去って行きました。身は何が起きたかわかりませんでした。すると彼が「いきなりごめんね。なんか困ってそうだったから」と身に言いました。身は助けてくれて快くて彼の勇敢さに鼓動しました。そして、その日は晩遅いからまずいと家庭もおんなじ方向だったので家庭の近くまで送ってくれました。その日の実態で私の心に矢が刺さりました。それからたまに彼の帰りをまちぶせして偶然を装い一緒に帰っている。一緒に帰るうちに彼ともうちとけ毎日あった実態や彼の話などいろいろ話して帰ります。ある日彼が「今まで部活帰りはじめ人間で疲れて帰ってたから一緒に戻る人間がいるとうれしい」と言われました。身はこれからは一年中彼と一緒に帰りたいと熱望がでました。夏休みに入ったら彼と一緒に帰れなくなり会えないことがが寂しいと思ったので夏休み前に開示しようと選択しました。1学期の終業ジャンルのお天道様、彼をいつものようにまちぶせをして一緒に帰りました。別れ際に彼を引き止め「明日から夏休みに入るね。今まで一緒に帰ってたから寂しくなる。ほんとはね前からずっと歓迎でした。夏休みも会いたいだ。」と開示しました。すると彼が「かなり喜ばしい。自分も夏休み会えなくなるの寂しかったから。これからは一年中一緒にいたい」と言ってくれました。身は喜ばしくて涙が出ました。お互いに瞳を見つめ笑いになりました。そして初めてのデートの公約をして、面白い夏休みのオープニングとなりました。コドミンって効果ある?