動体視力でアクションを選ぶ現代が生じるかもしれないです。

人間日数の瞳のキャパシティの一種として、動体視力があることはよく知られています。しかし、こういう動体視力には2つの種類があることは意外に知られていません。
動体視力の2つの種類とは一種はDVA動体視力、もう一種はKVA動体視力と言われるものだ。
DVA動体視力は隣席に働く物質を見分ける動体視力を示し、KVA動体視力は遠くから近くに向かって現れる物質を見分ける動体視力を示しています。
そして、こういう2つのキャパシティのどちらが優れているかで、自分に適するエクササイズが分かるとも言われています。
例えば、サッカーやバスケットボールやラグビーはボールや人間日数が隣席に動くことが多いエクササイズだ。したがって、DVA動体視力が優れている人間の方が適しているエクササイズと言えます。最初方、野球のようにボールが弱にはたらくエクササイズや、フェンシングのように人間日数の弱の機動が基本となるスポーツをする場合は、KVA動体視力が優れている人間の方が安上がりとなることが想定されるのです。
まだまだ動体視力を量ることは一般化されておらず、自分の動体視力をわかることはしんどい状況です。
しかし、将来的に動体視力も測れるようになれば、自分に当てはまるエクササイズを見つけることができるようになるかもしれません。
瞳でエクササイズを量る時世が後々来るのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です